片頭痛治療の最新医学情報

岡山大学での心臓外科手術による治療

2015年5月末に、岡山大学から「心臓外科の手術で片頭痛が治る」との報道がありました。
これは心房内にある卵円孔という穴をふさぐと、かなりの頻度で片頭痛が消失するという報告です。
卵円孔はかなりの人で開いているのですが、片頭痛のある人の方が穴が開いている率が少し多いのではないか、との報告が以前外国でありました。今回、その穴を閉塞させるとかなりの確率で片頭痛が治るという報告は画期的で、期待の持てる治療法だと思われます。
岡山大学では自由診療( 約130万円 )で治療を開始しています。ご希望の方は岡山大学にお問い合わせ下さい。

片頭痛・薬物乱用頭痛のボトックスによるボツリヌス治療

岡山大学の方法には今後大きな期待が寄せられますが、現状の片頭痛対策として、また最近増加している薬物乱用頭痛対策として、英米で広く普及している「ボツリヌス治療」にも着目して頂きたいと思います。

現在片頭痛の一般的治療は、頭痛発作が現れたときに利用する以下の薬物によるものです。
トリプタン ( イミグラン、ゾーミック、レルパックス、マクサルト、アマージ、その他ジェネリック ) ブルフェン、ロキソニン等の鎮痛薬  ( すべての市販頭痛薬を含む ) など。
しかしそれらの使用頻度が多いと薬物乱用頭痛に陥ります。 薬物乱用頭痛の診断基準は、トリプタン;10日/月以上、鎮痛薬;15日/月以上、両方併用は合計10日/月以上  です。
薬物乱用頭痛に陥ると、それらの薬が効きにくくなり、効いたとしても完全には頭痛が止まらず、ぶり返しやすくなります。 また従来頭痛の頻度を減らす目的で使用される各種予防薬( デパケン、セレニカ、トリプタノール、 インデラル、ミグシス、テラナス )といった薬剤の効果もほとんど得られなくなってしまうことが報告されています。 ( 国際頭痛学会より ) 特にトリプタンは、良く効く代わりに薬物乱用頭痛に陥りやすい事が報告されていますので注意が必要です。

薬物乱用頭痛の治療は残念ながら現在の保険治療だけではできません。
有効な方法として、頭皮にボトックスを注射する方法があり、欧米では5年前より国家承認されて実施しています。 承認時の成績は、20日/月以上頭痛がある患者群に3ヵ月ごとにボツリヌス治療を行ったところ1年後には平均12回/月程度に頭痛日数が減り乱用頭痛から脱却。
  この治療法は日本では保険承認の可能性が難しく、自由診療のみで行っています。( 1回あたり約4万円 )
また「ボツリヌス治療」は、通常の片頭痛の方が効果が出やすく、( 薬物乱用頭痛に陥っていない方 )当院では過半数の患者さんが、1回の治療で3〜12ヵ月も効果が持続しています。
特に2〜3回/月以内の頭痛発作では、当院では半数以上の患者さんでほぼ0回になります。