難治性頭痛 (がんこで厄介な頭痛)  の診療

通常の医療機関で治療を受けていても、満足な効果が得られていない方へ。
頑固で厄介な慢性頭痛の治療を得意としています。


    院長コラム「難治性頭痛」
以下のような頭痛を診断・治療致します。

頭 痛 の 診 断  ・  セカンドオピニオン

  ・片頭痛と診断されトリプタン系薬剤を処方されたが、効き目がない場合
  ・緊張型頭痛と診断されて治療を受けているが、ほとんど改善がない場合
  ・もとは片頭痛だったが、長い経過のうち慢性連日性頭痛(変容型片頭痛)に
      変わってしまった場合
  ・はじめ効いた薬が、だんだん効力が落ちてあまり効かなくなってしまった場合
  ・緊張型頭痛、頸部ジストニア、低髄液圧性頭痛(脳脊髄液減少症)など
  ・ほかの頭痛が正確に診断されず、誤った薬が処方されている場合
  ・2種類あるいはそれ以上の頭痛が、合併している場合
  ・担当医が頭痛についてあまりとりあってくれない場合
  ・群発頭痛

これらの症状の方の診断を見直し、今後の方針などについて説明致します。
かかりつけの医師にどんな薬を要望したらよいか、 また自らできる事などについてアドバイス致します。

当院での治療 ( 自由診療 )

保険治療ではできない治療法がたくさんあります。
治療を希望される方には、以下のような当院ならではの治療をお勧めしています。


・医学的には有効性が証明されていますが、健康保険では適用となっていない薬剤の処方
      (廉価な薬も色々あります)
・すでに欧米ではかなり広がっている頭痛に対するボツリヌス治療


なお保険治療で処方できる薬剤につきましては、 かかりつけ医に対応して頂いたほうがご負担は少なくなりますが、 当院での処方を希望される場合には、自由診療の料金になりますが対応いたします。