学        術        実        績


学術書

  
『臨床頭痛学』 『頭痛クリニック1 『頭痛クリニック2』 『頭痛クリニック3』
診断と治療社 診断と治療社 診断と治療社 診断と治療社
国内初の単著の頭痛専門書 各種頭痛の治療指南書 緊張型頭痛の診断・治療指南書 群発頭痛の診断・治療指南書
     
『頭痛クリニック4』 『頭痛クリニック5』 『群発頭痛(訳)』 『めまい(監訳)』
診断と治療社 診断と治療社 メディカルブックサービス 診断と治療社
片頭痛の診断・治療指南書 ボツリヌス治療の指南書 国内初の群発頭痛翻訳書 めまいの権威ブラント著翻訳
    
『小児の頭痛(訳)』 『まちがいなく片頭痛を診断する術』 『片頭痛の診断手引き』 『片頭痛の治療手引き』
診断と治療社 診断と治療社 診断と治療社 診断と治療社
国内初の小児頭痛翻訳書
     
『頭痛の薬物治療指針(訳)』
シュプリンガーフェアラーク東京
国内初の頭痛治療翻訳書

国際学会発表(筆頭のみ)

( 学会名 ) ( 参加数 ) ( 発表数 ) ( 開催地 )
国際内科学会 3回 3編 京都、ブリュッセル、ストックホルム
世界神経学会 2回 2編 ハンブルグ、バンクーバー
国際神経筋学会 1回 1編 ロサンゼルス
国際頭痛学会 9回 20編 トロント、アムステルダム、ワシントンDC、バルセロナ
ロンドン、ニューヨーク、ローマ、京都、ストックホルム
国際小児頭痛学会 1回 1編 ウィーン
アジア・オセアニア 神経学会 3回 3編 バリ、ニューデリー、ソウル3編

より大きな地図で 学会地図 を表示



国内学会発表

日本神経学会、日本頭痛学会、ほか多数

シンポジスト

国際学会1回、国内学会5回

座長

国際学会2回、国内学会多数

医学論文

学会誌; 日本内科学会誌 特集1回、日本頭痛学会雑誌 多数
商業誌; 神経内科 特集4回、その他 多数

国内研究会講演

全国各地で 多数


一    般    向   け    業    績



 一般書 

  
『ボツリヌス治療最前線』 『痛みがとれる!ボツリヌス治療の真実』 『頭痛に強くなる』 『群発頭痛を治す』
講談社 ごま書房 講談社 講談社
  
『片頭痛Q&A100』 『こうして治す片頭痛』 『頭痛』 『慢性頭痛とつきあう法』
講談社 講談社 講談社 診断と治療社
  
『めまい・脳は大丈夫か?』 『花粉症の最新克服法』 『脳こうそくをふせぐ』 『肩こり・首こりが本当に治る本』
講談社 ごま書房 講談社 保健同人社
  
『ふるえやけいれんがよくわかる本』 『痛みやしびれがよくわかる本』 『しびれがスッキリわかる本』 『低血圧とのつきあい方』
講談社 講談社 保健同人社 講談社
  
『慢性疾患の子どもの学校生活』 (頭痛の項) 『頭痛薬が効かない頭痛になったとき読む本』 『頭痛をスッキリ治す本』
慶応義塾大学出版会 講談社 講談社

 雑誌 

週刊文春 2010年1月7日特大号にて『本当の日本の名医50人』に選ばれる。 文藝春秋 2010年6月号にて『先端医療を気楽に受けられるクリニック』30施設 に選ばれる。 サンデー毎日、週刊朝日、週刊新潮、週刊現代 などに取材記事掲載。 健康雑誌『夢21』 『わかさ』 『安心』 などに 多数執筆。

テレビ・ラジオ、その他

『おもいッきりテレビ』(日本テレビ)出演30回、 『発掘アルアル大辞典』(フジテレビ)出演2回、 『ためしてガッテン』『すいエンサー』(NHK)各1回、 その他 ラジオ出演、新聞取材など多数。
学術業績は医療水準を維持する最も重要な要件です。学術書も一般書も本を1冊書く事も、かなりの知識と経験の蓄積が必要で、真摯に執筆に取り組むことで、臨床力が高度に高まりました。