群        発        頭        痛
男性に多く、群発期という激しい頭痛発作の起きる時期が1〜2年に1回くらい現れる頭痛です。
この群発期は1〜2ヵ月続き、期間中は1日に1〜2回の頭痛発作が現れます。頭痛発作は、いつも決まった片側で、1〜2時間続き、 痛い最中は同側で流涙、鼻汁分泌などの症状が現れることなどが知られています。
痛みの程度としては、慢性頭痛の中で最大であり、のたうち回るほどの痛みです。しかし、その発作時間が過ぎるとけろっとします。
◇  ◇  ◇  ボ  ト  ッ  ク  ス  の  効  果  ◇  ◇  ◇
この頭痛には70〜80%の人でボトックスがよく効きます。
片頭痛と同様に頭皮に何ヵ所かに分けて注射をしておくと、2〜7日後になって急に頭痛の程度が半減以下になります。
中には程度は減らないかわりに頭痛の頻度が大幅に低下することもなります。
気にならない程度の頭痛が残ることもありますが、結果的に過半数が群発期が早く終了します。
群発期の前半のうちに注射した方が効果が現れやすい傾向があります。
群発頭痛の中にまれな病型として慢性群発頭痛があります。これは群発期が年中続くもので、非常につらい頭痛です。 患者さんがあまり多くないのですが、慢性群発頭痛に対するボトックスの成績は大体60%で、通常の群発頭痛に比較して低いですが、痛みが年中続くつらい頭痛ですので、ぜひとも1回は実施してみることをお勧めします。