歯ぎしり、 食いしばり、 また それに伴う頭痛
音が出るのを歯ぎしり、音が出ないのを食いしばりまたは噛みしめと呼んでいますが基本的にはほぼ共通です。夜間に出やすい症状ですが、昼間でも集中しているような時に食いしばりを感じる人も少なくありません。
あごの咬筋やこめかみの側頭筋の持続委縮が原因です。このために咬筋の肥大(エラ張り)や、顎関節症を起こすこともありますし、頭痛が伴う場合もあります。
◇  ◇  ◇  ボ  ト  ッ  ク  ス  の  効  果  ◇  ◇  ◇
咬筋と側頭筋にボトックスを注射をすると、筋肉がゆるむため歯ぎしりや食いしばりが軽減します。
その結果、頭痛も軽くなります。さらにえらのはりが減るので、小顔効果も期待できます。
当院では90%以上の方に有効です。3ヵ月おきに2〜3回実施すると、以後は注射不要になったり、不定期の実施で済むようになる方が大多数です。

欧米では歯科医師が実施していますが、日本では医師法の関係で歯科医は咬筋へしか投与できず、対応施設もごくわずかです。一部美容外科ではエラ張りにボトックス投与を実施していますが、当院とは投与部に違いがあるほか、側頭筋の投与はしていません。
これまで歯ぎしり、食いしばりの治療は歯科のマウスピースなどが主でしたが、マウスピースにご不便を感じていらっしゃる方はこの最新治療を是非お試し下さい。