片                  頭                  痛
片頭痛とは、脈に合わせてズキンズキンと痛む頭痛です。月に平均2〜6回、発作的に痛みが起こります。頭痛の起こる前に何らかの前兆があり、頭の片側が痛むことが多いです。 親子で遺伝する事が多く、ほとんどは30歳までに発症します。痛みがピークになると、吐き気がしたり、吐いてしまうことがあります。
◇  ◇  ◇  ボ  ト  ッ  ク  ス  の  効  果  ◇  ◇  ◇
〔慢性片頭痛〕
頭痛頻度が多くなった片頭痛(頭痛日数が15日/月以上、慢性片頭痛と呼ぶ)は、欧米ではボツリヌス剤を3カ月毎に施注し、1年後には大多数で20回/月の頻度が9回弱 まで減少させることが証明され、唯一の慢性片頭痛から脱却法として広く普及しています。
日本の保険治療で実施するには、国内独自の臨床試験が必要ですが、日本頭痛学会がなんらかの都合で、製薬会社からの臨床試験の提案を事実上門前払いしました。そのため保険治療では慢性片頭痛に陥るとまだ脱却法がありません。
さらに、行き詰った一部の「頭痛専門医」が、すでに欧米では医学的事情で使用しなくなった薬剤を使い始めており今後が心配です。
当院では20年前から、このような複雑化した片頭痛のボツリヌス治療を実施しています。治療を完遂した場合には大多数が10回/月以内に減少し、以後は適宜頭痛薬で対処可能です。
もし再悪化の場合には、不定期(平均1回/半年)くらいの再施注で対処可能 です。

〔通常の片頭痛〕
数回/月のふつうの片頭痛では、1回のボツリヌス治療で、6〜8割の患者さんが4カ月〜1年くらい頭痛が出現しなかったり出ても半数以下、また頭痛が現れたとしても市販薬くらいで対応できるようになります。
欧州ではこの治療法が普及しており、ボツリヌス剤の施注部位が顔面のしわ延ばしと共通部位が多いので一石二鳥の治療もできます。