関    節    炎    (  膝  ・  肩  ・  首  )
膝関節は、程度の差はあれ誰でも年齢とともに少しずつ傷んできます。 膝の中の軟骨が傷んでささくれ立ち、末端がちぎれて関節腔内を浮遊し、関節包の内面を覆う滑膜との間で炎症反応を起こすからです。
末期になると上の骨(大腿骨)と下の骨(脛骨)の表面の軟骨がはがれ、骨同士がこすれて強い痛みを示すようになります。 痛みがあっても滑膜の炎症だけではレントゲン写真では目立った異常がみられません。中年者の大多数はこの状態で、下り階段を降りるとき痛みが目立ちます。鎮痛消炎薬の服用や湿布、最近ではヒアルロン酸の注射なども実施されています。

肩関節周囲炎は、いわゆる四十肩、五十肩のことです。上記の膝関節炎が関節組織の退行性変化であるのに対し、肩関節周囲炎では関節の変化があまり証明されないところから、『周囲炎』という病名がつけられています。
◇  ◇  ◇  ボ  ト  ッ  ク  ス  の  効  果  ◇  ◇  ◇
*  膝  関  接  炎
ボトックスを膝関節に注射すると痛みがやわらぎます。アメリカの色々な施設で実施しています。
普及状況は頭痛や筋肉性の痛みほどではありませんが、当院でも希望者に実施していて、今のところ有効率は50%程ですが、有効な人は半年以上効果が持続することが多く、また1〜2回の注射後は、かなり長期にわたって再投与の必要がなくなります。
痛みで動作が阻害される、手術を勧められたがいやだ、という方にお勧めです。ヒアルロン酸の注射などとバッティングすることはありませんので、それらの治療を受けている人にも実施できます。
関節の組織破壊が強いリウマチ性関節炎でも外国ではかなり有効との報告がありますが、当院では1例実施した経験があるのみで、残念ながらその方には効きませんでした。
動物実験では、ボトックスは関節内の瘢痕組織(傷痕に現れる繊維質)が現れるのを抑制し、軟骨の磨滅を遅延させるという結果が報告されています。
*  肩  関  節  周  囲  炎   (   四  十  肩  、  五  十  肩   )
いわゆる四十肩・五十肩は、痛みの出る角度へ動かさずにしていると半年〜1年くらいで自然に治りますが、関節の可動域が狭くなったまま固まってしまいがちです。
ボトックスを注射すると痛みがとれるのがかなり早くなりますし、よく動かせるので可動域を維持できます。現在当院の成績では50%の方に有効です。


*  首  関  節  症
歯ぎしりや食いしばりのために首関節に過剰に力がかかっていると、首関節の痛みも加わってくることがあります。そのため口が開けにくくなります。 歯ぎしり・食いしばりの治療に加えて首関節にも、今まで3例投与したことがありますが、いずれも痛みが軽減しました。