脳  卒  中  後  遺  症
脳梗塞や脳出血などの後遺症として、手足の筋肉が硬くなってしまった状態の事を痙縮(けいしゅく)と呼びます。 痙縮にボツリヌス治療が有効だと、NHKのテレビ番組で紹介されて話題になりました。
◇  ◇  ◇  ボ  ト  ッ  ク  ス  の  効  果  ◇  ◇  ◇
この痙縮にボトックスを注射すると、筋肉の緊張がゆるまり、かなり関節の可動域が広がります。
後遺症で問題なのは、上腕で脇をしめて肘がフックのように曲がった状態や、股が内側へ閉じるようになったり大腿部が固くなった状態です。このような場合、上肢では上腕2頭筋、下肢では大内転筋や大腿4頭筋への施注します。これらの体に近い筋肉をゆるめると、前腕や下腿のリハビリ治療が進みやすくなります。
また、脇や内股の締まりによって衣服、おむつなどの着脱に困難が生じたりしますが、これを改善することにもなります。歩幅も大きくなります。
現在、健康保険でも承認されていますが、承認投与部位は肘より先の前腕と膝より下の下腿のみとなっています。