そ    の    他    の    痛    み    な    ど
*  骨  折、  捻  挫、  手  術、  注  射、  抜  歯  後  の  痛  み

骨折や捻挫の後、手術や注射針を使用した後、抜歯をした後の部分がいつまでも応分以上の痛みが続いて消えないということがあおります。これは交感神経が作用した現象と考えられていますが、現在のところ治療方法がなく、しばしば医療トラブルになる場合もあります。 欧米ではこの部位にボツリヌス注射をすると痛みが軽減するという報告があります。当院でも4例に投与し,いずれも痛みが始めの60%くらいまで減りました。その後も痛みはありますがなんとか困らない程度で続きます。11カ月くらいの有効期間があるいう外国の検討報告もあります。


*  ヘ  ル  ペ  ス  (  帯  状  疱  疹  )  後  遺  症  に  よ  る  神  経  痛

ヘルペス(帯状疱疹)後遺症による神経痛が代表的ですが、皮膚にビリビリした状態か持続して困っている方にお勧めします。 痛みのある部分に細かく何カ所に少量ずつ注射します。 約50%の人にビリビリ感が軽減したり、その範囲が狭くなります。 多くは3〜4カ月くらい効果か持続します。
特にヘルペス 後遺症による神経痛では、3ヵ月ごとに反復して注射をしているうちに、 大多数の人が痛みの程度が軽減したり、痛みの範囲が狭くなっていきます。

*  片  側  顔  面  け  い  れ  ん、  両  側  性  眼  瞼  け  い  れ  ん

顔面の筋肉が勝手にピクピク動く病気です。片側の目と口の周りの筋肉がピクピク動くものを片側顔面けいれん、両側のまぶたがピクピク収縮して閉眼を繰り返すものを両側性眼瞼けいれんと呼びます。 ボツリヌス治療が最も有効な治療法です。収縮した筋肉を緩めて動きを止めます。大多数の患者さんに有効で、効果は3〜4カ月続きます。 この両者は保険適用となっており、保険診療医療機関で保険で治療が実施できますが、施術者の技術が要求されますので、うまくいっていない場合も多いようです。 そのような場合、ご希望がありましたら当院で自由診療として実施します。