多        汗        症
手の平、わきの汗、夏場の顔の多汗など、過剰な発汗でお困りの方に。
洋服の汗じみが気になる方、紙を扱うときにベタベタになってお困りの方など。
◇  ◇  ◇  ボ  ト  ッ  ク  ス  の  効  果  ◇  ◇  ◇
ボツリヌス剤は交感神経・副交感神経末端にも作用しますので、これを利用した方法です。

*  脇  窩  多  汗  症
わきの部分へ細かく何カ所にも分けてボツリヌス剤を注射しておくと、半年以上効果が持続します。春先に実施すれば一夏再投与することなく過ごすことができます。
わきの皮膚は薄くて柔らかいので注射の痛みは強く感じることはありません。
重症脇窩多汗症は保険適用がありますが、実際に冬でもわきの汗が垂れてしかたがないという重症脇窩多汗症はめったにないので、どこまでが保険適用か論議のあるところです。

*  手  掌  多  汗  症
手の平に細かく何カ所にも分けてボツリヌス剤を注射しておくと、かなりよく効きます。有効期間も長いので再投与することはあまりありません。
手の平の発汗は精神的影響が強いことから、気になると余計に気になり悪化しがちですが、精神的にも効く治療法があると安心して、再度ひどい状態に陥らないからだと思います。
わきに比べて、皮膚も厚く敏感な場所ですので注射時にはけっこう痛いので冷やしながら実施します。

*  顔  面  多  汗  症
顔面の汗がたれて気になる場合には、前頭部やおでこに細かく注射しておくと汗が減ります。欧米では接客の仕事をしている方々の治療希望者が多いそうです。