薬    物    乱    用    頭    痛
当初は片頭痛だったのに頭痛薬、特にトリプタン製剤(イミグラン、ゾーミック、レルパックス、マクサルト、アマージ等)を多用するようになると効果が落ちたり、頭痛の頻度が多くなります。1ヵ月に10回以上使用するようになった状態を薬物乱用頭痛と呼びます。 頭痛の頻度を抑えるために、頭痛予防薬(トリプタノ―ル、インデラル、デパケン等)を使いますが、薬物乱用頭痛になるとこの予防薬がほぼ効かなくなります。(国際頭痛学会の報告)
日本の保険医療の範囲では、薬物乱用頭痛から脱却する薬剤がまだないので、長く頭痛に苦しむ事になってしまいかねません。
◇  ◇  ◇  ボ  ト  ッ  ク  ス  の  効  果  ◇  ◇  ◇
ボトックスは、頭皮等に細かく注射する事で、痛み物質の発生を抑え頭痛を減らす事ができます。
米英では2010年に国家承認薬剤になり広く使われています。
頭痛の回数が多い場合には、3ヵ月おきに3〜4回反復注射が必要になりますが、この反復注射により、当初頭痛の頻度が20回/月以上だったのが、1年後には平均12〜3回、結果的に10回/月以内に減少する事が欧米で証明されました。(それが欧米の国家承認の根拠になりました)

治療は3ヵ月おきとなります。その間、今までに使用していた頭痛薬はそのまま使用する事が出来ます。使用頻度が減っていくのを待つ治療法です。