腰    ;痛      ( 筋 筋 膜 性 腰 痛 ・ 梨 状 筋  症 候 群  )
MRIやレントゲン検査で骨には異常がないけれども腰が痛い方、 背中の筋肉・筋膜性の腰痛の方が対象です。
( 骨の異常には効きません。)
痛みのある部分をもみほぐすと気持ちがよい場合が、筋肉性の痛みと考えられます。
押さえてみて痛みを確認して下さい。
◇  ◇  ◇  ボ  ト  ッ  ク  ス  の  効  果  ◇  ◇  ◇
*  筋  筋  膜  性  腰  痛
腰椎の骨の変化の有無とは関係なく、腰椎の両側の筋肉性の痛みが持続する腰痛です。整形外科では『いわゆる腰椎症』などと言うこともあります。
ボトックスを注射して、筋肉をゆるめることによって腰痛がかなり軽減します。
欧米とくにアメリカでは一般医師向けに投与指導書が発行されており、かなり普及しています。 精神的な要因や脳の過敏状態によって現れることもありますが、その場合は効きません。しかし事前にそれを区別することが現在まだできないので、ボツリヌス治療の結果から判断するしかありません。 長年の腰痛に悩む方は、一度試してみる値打ちのある治療法です。有効の場合は3〜6か月ほど効果が持続します。


*  梨  状  筋  (  り  じ  ょ  う  き  ん    )症  候  群
症状は坐骨神経痛として現れます。
いままで坐骨神経痛は脊髄から枝分かれして下肢に向かう神経が、枝分かれした直後の神経根で骨や軟骨によって圧迫されて生じると考えられていました。その考えは基本的には現在も同じなのですが、坐骨神経が坐骨を通り抜ける時に、その上部にある梨状筋がこって肥大していると、その筋肉に圧迫されて坐骨神経痛の症状をきたすことがわかってきました。
欧米では坐骨神経痛と診断されたうち、30〜50%はこの梨状筋による圧迫が原因とわかってきたと報告されています。
このような場合、梨状筋にボトックスを注射して筋肉をゆるめ、坐骨神経への圧迫を減らし、腰痛を改善します。有効の場合は3〜6か月ほど効果が持続します。有効期間が徐々に伸びる方も多いです。