持続性のめまい、しびれ


めまい

景色がくるくる回るような回転性めまいは、主に耳鼻科的な疾患のことが多いのですが、 ふわふわする、目の前が白くなったり暗くなったりする、非回転性めまいや浮遊感(これらもめまいに分類されています)は 持続性のことが多く、CTやMRIの検査を受けても分からない、というのが実情です。

こういった症状に悩む人はかなり多いのですが、適切に対応してくれる医療機関は少ないのが現状です。
完全によくならなくても、半数以上の人にある程度軽減させることができます。またなかなかよくならなかったとしても、 担当医はミュンヘン大学の神経内科医であるブラント教授の著書『Vertigo』の翻訳をした実績 〔寺本純(監訳):めまい.診断と治療社 1994)がありますので、一味違うアドバイスや指導をおこなうことかできます。

 

しびれ

しびれの原因は、脳・脊髄・末梢神経のいずれでも生じますが、 その他に筋肉の圧迫、血流の障害など多くの要因によって生じる症状です。
特に持続性のしびれはつらいものがあり、CTやMRIでは分からない場合が圧倒的に多いので、 つらさの実情が医師に理解してもらえなくて困っている人が多く存在します。

現実にはなかなか治らないしびれもあるのですが、 ちょっとした工夫やボツリヌス治療など、 一定の軽減をさせることができる場合も少なくありません。

担当医はしびれの学術業績も多く、 もっとも最近のものではしびれが対象となっている市販薬の『新ナボリン®』の 承認申請時のラットを用いた病理学的実験のデータを作成した実績がありますので、 しびれに関しても平均的な神経内科医より詳細な対応ができます。